いたずら好きのジョージ―ぽーじーは少女に意地悪をする

バカな話

ジョージーポージーは明るく素敵な少年だった。ただ、彼は人々、特に少女にいたずらして驚かすことが好きだった。

ある午後、彼は家の近くの公園に行った。彼は少女を見つけて彼女をびっくりさせようとした。しかし、彼女はジョージーポージーが好きではなかったので、泣き叫んだ。

その後、いくつかの男の子が公園に来て、ジョージーが女の子を追いかけているのを見た。彼らはジョージーに大声で叫んで笑った。ジョージーは女の子を追いかけるのをやめ、恥ずかしい気持ちになった。

その後、ジョージーは自分がやってきたことに恥ずかしさを覚えていたので、友人と遊ぶことをためらった。

その後、彼が女の子を追うことはなくなった。