ベル・ザ・キャットとマウスのバカな話

バカな話

ある町に食料品店があった。その食料品店にはたくさんのマウスが住んでいました。食べ物はたくさんありました。彼らはすべてを食べ、すべての袋を壊した。彼らはまた、店のパン、ビスケット、果物を台無しにしていた。

食料品店の店員は本当に心配しました。そして、「猫を買って食料庫に入れておくべきだ」と思っていました。

店員はすてきで大きな太った猫を買って食料庫に入れました。猫はマウスを狩り殺して取って楽しく過ごしました。マウスは自由に動くことができませんでした。彼らはいつでも猫に捕まって食べられることを恐れていました。

マウスは何とかしたかった。彼らは集まって「私たちは猫を取り除かなければならない。誰か良い方法はないか?」と相談した。

すべてのマウスが座って考えた。賢い見た目のマウスが立って、「猫はやわらかく動いている。それが問題だ。首に鐘を結ぶことができれば、うまくいく。猫の動きを知ることができる」

「それは良い考えだ!」と、すべてのマウスが叫びました。古いマウスがゆっくりと立って 「誰が鐘を結ぶのですか?」と尋ねました。しばらくすると、この質問に答えられるマウスは誰もいませんでした。

結局、今でもマウスたちは誰も行動せず、猫におびえて過ごしているのです。