羊飼いの工夫と賢い頭が役に立った話

賢い話

近くの村に羊飼いが住んでいた。 毎年春、彼は羊毛を剃り、それを村人に売った。

ある日、羊飼いは羊毛が残っていることに気づいた。 彼は誰も羊毛を買おうとしなければ、売れ残ってしまうと思った。

その午後、羊飼いの小屋に老人が来て、温かいセーターを欲しがった。 それから老婆がやって来た。 彼女はまた、温かい靴下を欲しがった。 しばらくして、少年が到着した。 彼はまた、大きなバックが欲しかった。

そのため、羊飼いは彼らのために羊毛でできたセーターと靴下とバックを用意しました。 彼は羊毛のすべてが売り切れたことに満足していました。