迷子の子犬と少年の幸せな話

賢い話

ある午後、少年の子犬がいなくなってしまった。 彼はベッドの下を見た。 彼は彼の家のいたるところを見た。 しかし、まだ子犬はいませんでした。 最後に、彼は庭の子犬を探しました。 数時間後、彼はまだ子犬を見つけることができませんでした。

少年は疲れていて、あきらめようとしていました。 それから彼は彼の隣人ハーディン夫人を見た。「ハーディン夫人、お願いします。 私の子犬がどこにいるかご存知ですか?」

するとハーディン夫人は「ええ知っていますよ。子犬は私の庭で羊の骨を噛んでいるわ」と答えました。

少年はフェンスを登り、子犬が羊の骨を噛んでいるのを見ました。 彼は子犬が迷子にならず、優しい隣人の家に行って食べものをもらえることがとても幸せでした。