ヘロンとカニのバカな話

バカな話

大きな湖には、ヘロンが住んでいました。彼は魚を食べていました。しかし、彼は年を取って、以前と同じように魚を捕まえられませんでした。彼は何日も食べ物なしでした。

「私は計画を考えなければならない。そうでなければ私は長い間生きることはないだろう」と思っていました。彼はすぐに巧妙な計画を立てました。

ヘロンは仲が良かった湖のカニを呼びました。そして、ヘロンは “恐ろしいことが起こるだろう。”と言いました。

「それはなんですか?」とカニは心配して尋ねました。

「今朝私がここに来ると、占星術師は次の12年間この地方には雨が降らないと言っていた。湖は乾燥し、私たちはすべて死ぬでしょう。私はもう年です。私が死ぬかどうかは関係ありません。しかし皆さんはとても幼いです。あなたはこれからも楽しむことがたくさんあります 」と、ヘロンは言った。

カニは湖の中に行き、魚たちにヘロンが言ったことを話しました。魚たちは恐れでいっぱいでした。 「ああ!私たちはどうすればよいのですか?私たちはすべて死ぬだろう」と彼らは泣いた。

「ここから少し離れたところには非常に大きな湖があります。すべての魚が入るくらい大きな湖です。そこに一匹ずつ運んでもらいましょう。」

それから、ヘロンは毎日魚を一つずつ運びました。しかし、彼は魚をいずれかの湖に連れて行くのではなく、距離の離れた岩の上で魚を食べていました。それから彼は夕方まで休み、湖に戻ります。

数日後、カニはヘロンに言いました。 「あなたは他の湖に魚を連れていきました。あなたはいつ私を連れて行きますか?」と尋ねました。

ヘロンは自分自身では私は魚を食べるのが疲れていると思っていました。カニの肉は楽しい変化になるだろうなと。

ヘロンはカニを他の湖に連れて行くことにしました。

しかし、カニはヘロンが悪だくみをしていることに気が付いていました。だから、ヘロンの背中に乗り、彼らは旅を始めた。

しばらくすると、カニは「湖はどこまでありますか?」と尋ねました。

ヘロンは「あなたはばかだ」と声をかけると、「私はあなたをどんな湖にも連れてこない。私はあなたを食べ、これからすべての魚を食べるだろう。」と言いました。

「私はあなたが私を殺すことを許すほど愚か者ではない」とカニは言い、彼の強力な爪でヘロンの首を握って絞め殺しました。