お腹の空いたオオカミ

かつて、オオカミは非常に空腹だった。そこで食べ物を探しました。

しかし、食べ物は見つからなかった。あるとき、ついに木の穴の中に一塊のパンと肉を見つけました。

空腹のオオカミは穴の中にもぐりこんで、 それらをすべての食べつくした。

実はそれは木こりのランチでした。彼は木に戻って昼食を取ろうとした。しかし、穴の中に食べ物がなく、代わりにオオカミが見えました。

大きな斧を見ると、オオカミは穴から出ようとしました。しかし、それはできませんでした。

満腹で身体が動かなかったのです。