象と友達の感動の話

感動の話

ある日、象が友人を探して森に入った。彼は木の上で猿を見た。”あなたは私の友人ですか?”象に尋ねた。”あなたは大きすぎます。あなたは私のような木からスイングすることはできません。”

次に、象はウサギに会った。彼は友人になるように頼んだ。しかし、ウサギは言った、 “あなたは私の巣穴で遊ぶには大きすぎます!”

その後、象はカエルに会った。”私と友達になって頂けませんか?彼は尋ねた。”どうすればいいですか”とカエルは尋ねました。”あなたは私のように飛び回るには大きすぎます。”

象は怒っていた。彼は次にキツネに会った。”あなたは私の友人になりますか?”彼は狐に尋ねた。キツネは言った、 “すみません、あなたは大きすぎます。”

翌日、象は動物たちが森にいなくなっているのに気が付いた。象は彼らに何があったのかクマに尋ねた。クマは答えた。”森に虎が来ました。小さい動物たちはみんな逃げている!”

動物はすべて隠れて逃げました。象は、森の中で自分に何ができるか考えた。

一方で虎は見つけた動物を次々に食べ続けた。

象は虎に向かって歩いてきて、”虎さん、小さい動物を食べないでください”と言った。すると虎は”自分のことだけ気にしてろ!”

ゾウは虎に大きなキックを与える以外に選択肢がなかった。ビックリした虎は彼の命のために走って逃げた。

象はすべての動物に感謝された。

そして、彼らは言った。 “あなたは私たちの友人にちょうどいいサイズでした”