AGA(男性型脱毛症)

その薄毛、AGA型なら治療できる!薄毛の見分け方は?

薄毛は早めに見つけて早めに治療することが非常に大切です。早く治療を始めるほど薄毛治療の効果が高まり、治療費も安くなります

だから「いかに早く発見できるか」がとても大切なのです。

そうは言っても、周りから「髪の毛薄くなってきたね」と言ってもらえることなんて滅多にありません。それくらい薄毛はデリケートな問題だし、むしろ周りから指摘されたとしたら、その時はかなり薄毛が進行しているときです。

薄毛の原因のほとんどはAGA(男性型脱毛症)という男性特有の脱毛症にあります。つまり薄毛を改選したいならAGAかどうかを見分けないといけないのです

生え際が後退・頭頂部が薄くなる。その前に起こること

miwakekata2

AGAが進行してくると、生え際が全体的に後退してきたり、M字部分がくっきりとしてきたり、頭頂部の地肌が見えてきます。

そうなるともう自分で薄毛だなと確信できますが、できればその前に治療をすると薄毛の進行を止めることだって可能です。

たとえば、目に見えて見た目が変化する前にAGAと判断できればリアップを使うことで進行を抑えることができます。AGAの初期状態ならAGAクリニックに通わなくても対処することができます

では、目に見えて髪の毛が薄くなってくる前に、どのような部分をチェックしておけばいいのでしょうか?ポイントは3つあります。

  • 洗顔時の抜け毛が増えてきた
  • 頭皮にチクチクしたかゆみがある
  • 頭皮が脂っこくてべたべたする

洗髪時の抜け毛の本数

一般的には俺たちは1日100本ほどの毛が抜けます。だから洗髪時の抜け毛自体をそんなに気にする必要はありません。

髪の毛を洗ったことが原因で抜けたわけではなく、抜けるタイミングだった髪の毛にちょっとした刺激が加わって、そのタイミングで抜けただけの話です。

しかし、年を重ねるごとに抜け毛が増えてきたというのは注意が必要です。寝起きの枕に髪の毛がびっしりとついていたり、洗髪時に手に抜け毛がびっしりとついているときはAGAの可能性があるからです。

その場合は、年単位で髪が薄くなっていくのがわかるはずです。

洗髪時であれば、排水溝にネットをするなどによって、抜けた髪の毛を数えることもできます。でも面倒だしいちいちやっていられないですよね。だから感覚でいいので抜け毛を観察すると良いです。

  • 1日の抜け毛の5〜7割は洗髪時に抜ける
  • 1日の一般的な抜け毛の本数は100本ほど
  • 洗髪時に50本以上抜け毛があったら要注意

AGA関係なしに抜け毛・ヘアサイクルには個人差があるので「○○本以上抜けてたら絶対やばい」というのはありません。目安として、洗髪時に50本以上の抜け毛があると、AGAの可能性があるというくらいです。

頭皮にチクチクしたかゆみがある

AGAの原因であるジヒドロテストステロンが毛根を攻撃すると頭皮にチクチクしたかゆみを感じることがあります。頭皮がかゆい状態というのはAGAの症状の一つですが、頭皮環境が悪くなっている状態なのです

特に額のM字部分や頭頂部にかゆみがある人は注意です。

頭皮が脂っこくてべたべたする

頭皮が脂っこくてべたべたする原因はいろいろあります。ジヒドロテストステロンの刺激によるものだったり、脂物の食べ過ぎだったり、頭皮の洗髪が不十分であったりするのです。

どちらにしろハゲるので注意が必要です。

抜け毛の形状をチェックするとAGAかわかる

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)が存在して、どんな人の髪の毛でも抜けて生えてを繰り返します。

  • 成長期:髪の毛が成長している時期
  • 退行期:成長が止まって髪の毛抜けるまでの時期
  • 休止期:髪の毛が抜けて新しい髪の毛が生えるまでの時期

俺たちはこれを繰り返しているけど、AGAを発症すると、このヘアサイクルが乱れてしまいます

正常な人と比べて、成長期が短くなって髪の毛がしっかりと成長する前に抜け落ちます。「髪の毛が成長を終えてから抜けているか?」の判断をする上で、抜け毛の形状をチェックすることが有効なのです。

正常なヘアサイクルで抜け落ちた髪の毛は、毛先まで同じような太さですが、成長を終える前に抜け落ちた髪の毛は、先端が細くなっています

つまり先細りの髪の毛がどうかは目で見ればすぐにわかります。正常なヘアサイクルの人でも、1割くらいは先細りの抜け毛がありますが、AGAを発症している人は、先細りの抜け毛が多いのです。抜け毛が先端の細い髪の毛だったら、AGAの可能性がありますよ。

AGAの可能性が高いと思ったら…

miwakekata3

さて、今まで紹介したAGA型の薄毛チェックにはどのくらい当てはまりましたか?

ちなみに私は全て当てはまりますよ(笑)。真正のAGA型ハゲなのです。自慢できることじゃないですが・・・。

そして、残念なお知らせがあります。もしあなたがAGA型の薄毛であれば対策を打たなければ進行を止めることはできません

私はさまざまな育毛商品を使ってきましたが、何一つ効果を実感できませんでした。それはAGAになってしまうと「育毛シャンプー」や「育毛剤」、「育毛サプリ」では根本的な原因を解決できないからです。詳しくは以下の記事を参考にどうぞ

https://www.identhya.com/

まずは市販の育毛剤を使ってみる?

AGAの可能性に気づき、まずはサクセスのような市販の育毛シャンプーや育毛剤を購入するパターンはありがちです。市販の育毛商品を試したくなる気持ちはわかるし、まずは手軽にできることからはじめても良いかもしれない。

でも、これで解決した話を聞いたためしがありません。時間とお金をムダ遣いですらあり得ます。

もし市販の育毛商品を使ってみて効果を感じられない人は早めにAGA治療に切り替えた方がよいです。AGA治療はかなり高い確率で効果が出ます。ただし、毛根が死んでしまうとさすがに手遅れになってしまいます。

だから、市販の育毛商品ではダメだと感じたらすぐにAGAクリニックに通える行動力が必要です。なぜなら、AGAは早期発見、早期治療が大切だからです。

AGAクリニックでしかAGA治療薬は処方されない

近所のスーパーやドラッグストアに売っている市販の育毛剤と医師の診断が必要な医学的根拠のある治療薬のどちらが効果的かはわかるはずです。

医学的根拠のある治療薬とは、厚生労働省が認めたフィナステリド(プロペシア)やミノキシジルのことです

この2つの治療薬は日本国が「AGAの治療に効果がある」と認めた薬です。ただし、医薬品に指定されているため、薬局やドラックストアでも買えません。

だから、AGAを治療したいなら医師に処方してもらうしかありません。ちぶるハゲのように間違えた治療方法をダラダラと続けていても、時間だけがむなしく過ぎ去っていきます。

何よりも大切なのは時間だ。薄毛によってさまざまなチャンスを逃した時間は返ってこないのです。自分はAGAかもしれないと感じた方は早めの治療がおすすめですよ。

そういう私もAGAクリニックに通うには時間がかかりました。8年くらい市販の育毛商品に手を出しましたが、よくあるように全く効果はありませんでした。それからAGAクリニックに通うようになると驚くほど効果が出ましたよ!

AGAクリニックに通ったときの写真は以下の記事に載せています。

https://www.identhya.com/